通勤途中の落し物
b0011910_1738593.jpgあれ? ゲジゲジかな・・? と思ったら 
「つけまつげ~っっw」 

ぽつん。と道端に一個だけあったので
歩いていた時に気がつかずに落としたのかしら?

けど。片目は、睫毛が長くて
もう一方は、短い訳でしょ~。

落ちた事を知らずに歩いていたら・・・・・
これは恥ずかちぃ~!恥ずかし過ぎるぅっ//// 

ま。いくらなんでも・・知らないって事は、有り得ないだろうけれどねン。
歩きながら、想像しては「ぷぷぷ」と笑っていました。



b0011910_1740524.jpgしばらく歩いていると、今度はひっくり返ったまま
動かない「アブラゼミ」君が。

6本の足が閉じていなかったので。

「このコ・・・まだ・・生きてるかも・・」



人差し指をそっと差し出すと、ムギュッと捕まってきました。^^

「お前・・・命を諦めようとしていたの?・・・・ダメだよぉ。」

昆虫相手に1人喋り出す キモイ女w
「1週間しか生きられないのでしょ。早く彼女を見つけなきゃ。・・・がんばれ!」

それぃっ!! 空高く。彼は飛んで行きました。

視線を落とすと、チラチラと通行人からの白い視線が。
「変な女」だと思われていただろうな~w 
もう。いやーんっ。////
[PR]
by deauville-m | 2005-07-13 17:27 | 雑記【79】